アウトドアストールブランド「PRIRET」

 桐生織の伝統技法「風通織(ふうつうおり)」で織られたタオル兼ストール「山ストール」を展開する「PRIRET(プライレット)」。アウトドア愛好者向けに作られたストールの提供を目的に、織物産地である桐生の基盤を活かして、2012年に立ち上げられました。

 ブランド名は、Private(プライベート)とSecret(シークレット)を組み合わせた造語で、「自分たちが欲しいものを密かに作る」という意味を込められています。現在、「山ストール」などのネット販売に加え、2016年2月に「ベーカリーカフェ・レンガ」横に開店した実店舗において、「山ストール」をはじめとするアウトドア商品を販売しています。

風通織と天然素材を取り入れた「山ストール」

 「山ストール」の織り方は、希少なシャトル織機を使い、「風通織」の技法で織られた無縫製の二重織りです。表麺と裏面の生地を重ねた二重構造となっていることから、通気性、汗の吸水性がよく、首に巻いた時は空気の層ができるため、保温性にも優れています。また、生地と生地の縫い目がないため、着け心地がすっきりしており、縫い目からほずれる心配もありません。

 素材は天然素材(コットン・シルク・リネン)を採用、上質な肌触りに加え、シルクの機能として、吸水性、保湿性、保温性、紫外線吸収(UVcut)、雑菌繁殖による匂いを抑える抗菌作用などを有しています。染色は、職人が絹紗で裏打ちした型紙を使って、板張りした生地に竹べらで染料をなでつけるように染めていく「手捺染」で風合いのある仕上げとなっており、赤城山の標高線を採り入れたデザインが人気です。

地元桐生から世界へ

 自身もアウトドアを趣味とする上久保代表は、乾きにくく、携行しにくく、においやすいタオルに代わり、男性でも自然におしゃれに使えるストールとして、「山ストール」を地元桐生の織物職人の手を借りて実現しました。

 上久保代表は「桐生の職人さんの手で作られた山ストールは、タオルなどに比べて高価ですが、世界に誇れるメイドインジャパンの品です。世界中のハイカーに使用してもらうことが夢」と語り、登山やハイキングが盛んなヨーロッパへも展開したいとしています。

店舗情報

PRIRET(プライレット)

伝統技法「風通織」で織られた山ストールブランド「PRIRET」を販売

営業時間
:13:30〜18:00
定休日
:なし (土・日曜日:11時~18時。不定休あり。)
住所
:〒376-0053  群馬県桐生市東久方町1-1-55
電話番号
:090-6316-1388
URL
http://priret.com

アクセスマップ