「真のナポリピッツァ協会」認定の本格ナポリピッツァ

 南イタリア・ナポリの人々の庶民の味として親しまれてきた「ナポリピッツァ」。最初にトマトを使ったピッツァ「マリナーラ」、イタリアの国旗をイメージさせる、赤のトマト、白のモッツァレラチーズ、緑のバジリコの葉をのせて焼いた「マルゲリータ」をはじめ、世界中に広まっています。同店は、そのナポリに本部を置く「真のナポリピッツァ協会」より、群馬県で初めて公認されたお店。

 真のナポリピッツァ協会は、ナポリに古くから伝わる職人の伝統技術を後世に伝え、ナポリピッツァの正しい知識・技法の啓蒙・普及に努める、イタリア政府公認の国際団体です。同団体が策定した「真のナポリピッツァ作り手順国際ガイドライン」を基準に、世界中のナポリピッツァ職人を審査、優秀な職人に「ピッツェリーエ」の称号を認定しています。国内でピッツェリーエに認定されている職人は60数名と狭き門で、群馬県の認定者は2016年4月に認定された同店主の牧田さんのみです。

コルニチョーネ(みみの部分)までおいしいナポリピッツァ

 本場ナポリピッツァの醍醐味は、生地のおいしさ。なかでも「コルニチョーネ」と呼ばれる縁の部分が美味しさの命。ピッツェリーエ認定職人は、協会ガイドラインに定められた基準(生地は小麦、酵母、水、塩のみ使用し、器具を使わずに手で伸ばし、石製の薪釜で焼くなど、生地の焼き方や材料の分量などを細かく定めている)に従い、コルニチョーネが、もちもち、ふっくら、粉の風味も味わえるように、石製の薪釜で焼き上げます。ナポリピッツァは、一口大にフォークで切り分け、中心から外側へクルクルと巻き、横から食べるのがナポリ流の食べ方。職人が腕をかけて焼き上げたコルニチョーネの「さく、もち、ふわ」とした食感が楽しめます。

 同店は、「真のナポリピッツァ」と言われる、「マリナーラ」(850円)、「マルゲリータ」(950円)をはじめ、多様な本場ナポリピッツァを用意。なかでも、桐生市公認の「桐生のイチ押し」に選ばれた、イタリア・カンパニア州のモッツァレラ・ディ・ブーファラから取り寄せた、最高級の水牛モッツァレラ・チーズを使用した「マルゲリータ エクストラ」(1,600円)がお薦めです。
 また、メインのナポリピッツァに加え、南イタリアのパスタや肉・魚料理、季節に合わせた前菜、デザートを用意。材料は、地産池沼の観点から、店主自らが選別した桐生市中心の県産の野菜や肉を使用しています。アルコールは、南イタリア産のこだわりのワインやビールを取り揃え。事前予約があれば、日本酒なども用意します。

大衆食堂のように気軽に来店できるお店に

 同店は、店長の牧田さんの「大好きなナポリピッツァを日本に広めたい」との思いから、2012年にオープンしました。牧田さんは、本場ナポリと同様、子供から年配者まで、幅広い層が気軽に来店する「大衆食堂」を目指し、生産者の顔を見える素材を使い、ナポリ職人の伝統技術に基づいて作った、真のナポリピッツァを提供を続けます。

店舗情報

PIZZERIA Antimo (ピッツェリア アンティモ)

本場のナポリピッツァを提供する、群馬県初の「真のナポリピッツァ協会」認定店

営業時間
:11:00〜23:00
定休日
:木曜日 (ランチ:11時00分~15時00分(LO 14時30分) ディナー:17時00分~23時00分(LO 21時30分(日~水)、22時00分(金・土))。 水・木の連休となる場合あり。)
住所
:〒376-0031 群馬県桐生市3‐4‐30
電話番号
:0277-32-3658
ナポリに古くから伝わる職人の伝統技術を用い、石釜で焼いた「本場のナポリピッツァ」を提供する人気店。パスタや肉・魚料理のイタリア料理、イタリア・ワインなども楽します。 イタリア南部のナポリに本部を置く「真のナポリピッツァ協会」(AVPN:Associazione Verace Pizza Napoletana)から、正真正銘のナポリピッツァを提供するお店と認定する「ピッツェリーエ」の称号を受けた、群馬県初・唯一のお店です。

アクセスマップ