「ひもかわうどん」「ソースカツ丼」が味わえる老舗

 重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)の一角にある同店は、桐生の郷土料理「ひもかわうどん」、桐生名物「ソースカツ丼」を味わえる創業120年を超える老舗です。
 同店の「ひもかわうどん」は、幅が約5cm、厚みが約3㎜の幅広麺で、しっかりとしたコのあるモチモチとした食感、みずみずしく滑らかなのど越しが特徴です。暖かい「かけうどん」、暖かいつけ汁に麺をつけて食べる「つけめん」、冷たいつけ汁に麺をつけて食べる「せいろ」の3種類から選べ、なかでもとろみのあるカレーがしっかりと麺に絡む「ひも川カレーせいろ」が人気です。
 店主の藤掛さんは「うどんは生地が美味しくないとダメなので、常においしい生地の研究を重ねています。お客様には茹でたておいしいひもかわうどんを食べてほしい」と話し、同店では注文を受けてから麺を調理、茹でたてを提供しています。
 同店の「ソースカツ丼」は、つゆの「かえし」やウスターソースを加えた特製ソースにヒレカツをどぶ付けして提供するもので、和風でさっぱりした味付けが特徴です。
 また同店は、「ひもかわうどん」やうどん・そば、丼モノの定番メニューに加え、季節に応じた時期モノ(夏に冷やしたぬきうどん、冬に鍋焼きうどんなど)も提供しています。

明治初期に創業

 同店は、明治初期にうどん店として初代・藤掛代作氏が創業、現在の店主は六代目の藤掛将之さんです。同店は、秋から春までの寒い時期に体が温まる煮込みうどんとして、少なくとも三代目、昭和初期の頃から「ひもかわうどん」の提供を始めたと伝わっています。その後、先代の五代目が約10年前に冷たいざるうどんも加え、通年での提供を始め、同店の「ひもかわうどん」はより広く認知されるようなりました。「ソースカツ丼」は四代目の頃に加わったと伝わっており、麺類とのセットメニューは「ひもかわうどん」と並ぶ看板メニューとなっています。

店舗情報

藤屋本店

明治創業の桐生名物「ひもかわうどん」の老舗

営業時間
:11:30〜20:30
定休日
:月曜日 (昼:11時~14時30分、夜:17時30分~20時30分(金・土・日曜日は夜の部のみ営業)。 月曜祝日は昼の部のみ営業、翌火曜日が代休。 第4月・火曜日は終日、火・水・木曜日の夜の部は休み。)
住所
:〒376-0031 群馬県桐生市本町1-6-35
電話番号
:0277-44-3791
URL
http://fujiya-honten.net

アクセスマップ